ブログ移転しました。新しいサイトはこちらです。
http://eng-notebook.com/blog-entry-/http://eng-notebook.com/blog-entry-106/
1秒後に自動的にジャンプします。
  

  


スポンサーサイト


 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Sponsored Link


 
◆◇◆この記事が役に立ったらポチッとお願いします◆◇◆

 

OpenSSLでAES-CTR(カウンタモード)暗号化


 
 
OpenSSLがいつのまにかAES-CTRに対応してました。

以前、1.0.0aを使ったときにはAES-CTRは入ってませんでした。

いえ、実は、1.0.1aにもlibleayにはAES-CTRアルゴリズムは入ってたんです。でも、それがOpenSSLのコマンドとしては実装されていなかった。

それが、最近ふと1.0.1eのencコマンドを見てみたらAES-CTRがあるじゃないですか!


例えば、

AES Test vectors

のAES CTR 128-bit encryption modeを試してみるのであれば、こんな感じです。

openssl enc -aes-128-ctr -e -K 2b7e151628aed2a6abf7158809cf4f3c -iv f0f1f2f3f4f5f6f7f8f9fafbfcfdfeff -in tb.bin -out tb.enc.bin

もちろん、tb.binは上記ページのTest vectorをバイナリ化したものです。tb.enc.binとCipher textが等しくなることを確認できれば、使い方はOKです。



Sponsored Link


 
◆◇◆この記事が役に立ったらポチッとお願いします◆◇◆

 

テーマ : セキュリティ
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ







 



カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。