ブログ移転しました。新しいサイトはこちらです。
http://eng-notebook.com/blog-entry-/http://eng-notebook.com/blog-entry-131/
1秒後に自動的にジャンプします。
  

  


スポンサーサイト


 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Sponsored Link


 
◆◇◆この記事が役に立ったらポチッとお願いします◆◇◆

 

subversion(svn)でDateキーワード置換すると文字化けするので英語表記にしたい


 
 
subversionで$Date$置換をすると日本語で“$Date: 2014-03-01 13:24:55 +0900 (2014/03/01 (土)) $”など日本語で置換される場合があります。

日本語に置換してくれるのは別にいいのですが、問題は文字コードでUTF-8固定みたいです。Windowsで開発しているとShift JISを使うことが多いと思います。そこにUTF-8の日付が入るので文字化けしてしまいます。


そこで、対策方法を2つご紹介します。


方法その1 日本語が出る前に置換を打ち切る

通常、$Date:$と書くところをこう書きます。


そうすると、こんな感じになります。


svnでは、キーワード置換時の文字数を制限することができます。この機能を使って日本語に置換される前に打ち切っちゃえ!という発想です。

文字数は::と$の間のスペースで指定します。置換したい文字数分のスペースを入れてください。


方法その2 LC_TIMEを変更してチェックアウト/アップデートする

svnでは、commit時にキーワード置換されると思っている方が多いようなのですが、実はcheckout/update時に置換されます。

そこで、

としてからcheckout/updateすればOKです。

Windowsの場合は、Cygwin版を使えばこの方法が使えます。Cygwin上で上記の様にLC_TIMEを設定します。そのウインドウ内でsvn checkout/svn updateすれば日付が英語表記になります。
(もちろん、あらかじめ Cygwin上にsubversionをインストールしておいてください)


ただ、この方法はTortoiseSVNでは使えません。まぁ、当然といえば当然ですけど。


やっぱりTortoiseSVNを使いたいから方法1かな。checkout/updateはCygwinで、それ以外はTortoiseSVNでと使い分けてもいいですが、やっぱり面倒ですしね。



Sponsored Link


 
◆◇◆この記事が役に立ったらポチッとお願いします◆◇◆

 

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ







 



カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。