Windows7 Home PremiumでXPモードを使う(VMware Player編) ※VISTAやXPでも使えるよ


 
 
こちらでは、VirtualPCを使ってWindows 7 Home PremiumでXPモードを使う方法をご紹介しました。
Windows 7 Home PremiumでXPモードを使う(VirtualPC編)


VirtualPCというのは、パソコンの中にパソコンを作り出す、いわゆる仮想化ソフトと言うやつです。

そして、VirtualPCよりも性能のいい仮想化ソフトがあります。それがVMware Playerです。


実は、このVMware Playerを使うと、XPモードと同じ様な事が出来ます。
(なので、この記事のタイトルは正確には『Windows 7 Home PremiumでXPモードもどき(でもこっちの方が高性能)を作る(VMware Player編)』って事になるのかな^^; )


VMware Playerの何がいいのかと言うと、
 ◎仮想PCのCPUコアをマルチコアにできる
 ◎仮想PC上でDirectXが使える
などなど。


では、手順を説明しましょう。



■準備するもの

◎VMware Player(無償)
◎WindowsXPのインストールディスクとプロダクトキー

前回と同じくVMware Playerは無償でDLできますので、残るはWindowsXPのインストールディスクと有効なプロダクトキーの入手ですね。そうそう、別にWindowsXPにこだわらないのであれば、Windows7でもWindows95でも何でもOKです^^


もちろん、手元にインストールディスクとプロダクトキーを持っている方はそれを使えばOKです。

持っていない方は、購入するなどして入手してください。Yahoo!オークションなら結構安く入手できますよ(ただし自己責任でね)







■VMware Playerのインストール

VMware PlayerはこちらからDLできます。
ダウンロード VMware Player

ちなみに、5.0は何かと不安定なので、4.0.4をおすすめします。

ダウンロードページのメジャーバージョンで4.0を選ぶと、4.0.4がダウロードできるようになります。

後はインストーラの指示に従ってインストールしてください。



■仮想PCの作成とWindowsのインストール

これも@ITに詳しい説明があるので、こちらの“ソフトウェア・コンポーネントの更新”以降を見てください。
VMware Playerを使う(前) - @IT


OSのインストールが終わったら、管理画面で仮想マシンの再生を実行すると仮想マシンが立ち上がります。詳しくは、上で紹介したHPの3ページ目を見てください。


仮想マシンが立ち上がったら、VMware Toolsをインストールします。

VMware Playerのメニューから[仮想マシン] - [VMware Toolsのインストール]を選ぶと、インストール画面が出ますので、後は画面の指示に従ってください。



これでVMware Playerを使ったXPモード(と同じようなもの)が完成します。

ほんと、便利です。

そうそう、VMware Playerのメニューから[仮想マシン] - [ユニティに切り替え]を実行すると、と同じように、ホストOSとゲストOS(仮想マシン上にインストールしたOS)のアプリケーションをシームレスに扱えるようになりますよ。



【追記】
VMware Playerの使い方をこちらで詳しく説明しています。ぜひ読んでみてください。
【無料でできる!】Windows 7 Enterprise 評価版+VMware Playerで仮想PC環境を作ろう
【無料でできる!】Windows 8 Enterprise 評価版+VMware Playerで仮想PC環境を作ろう



Sponsored Link


 
◆◇◆この記事が役に立ったらポチッとお願いします◆◇◆

 

テーマ : パソコン関連お役立ち情報
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ







 



カテゴリ