ショートカットに「 - ショートカット」をつけない方法(Windows 10でもOK!)


 
 
Windowsでショートカットを作ると、「 - ショートカット」なんていう面倒くさい名称をつけられてしまいます。

アイコンで分かるのに・・・

こんなときは、窓の手などで「 - ショートカット」をつけない設定にすればOKです。

でも、Windows 10では窓の手が動きません。。。他の窓使いの友や窓の足もだめ。

そんなときにはレジストリ直いじりです。

まず、これをnoshortcut.regというファイル名で保存します。

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer]
"link"=hex:00,00,00,00

次に、noshortcut.regをダブルクリックして、レジストリに追加します。

最後にWindowsを再起動すればOKです。

これで、ショートカットに邪魔な「 - ショートカット」が付かなくなります。



Sponsored Link


 
◆◇◆この記事が役に立ったらポチッとお願いします◆◇◆

 

テーマ : Windows
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ







 



カテゴリ