ブログ移転しました。新しいサイトはこちらです。
http://eng-notebook.com/blog-entry-/http://eng-notebook.com/blog-entry-23/
1秒後に自動的にジャンプします。
  

  


スポンサーサイト


 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Sponsored Link


 
◆◇◆この記事が役に立ったらポチッとお願いします◆◇◆

 

WindowsをiPhoneでPowerONする(Wake On Lan)


 
 
パソコンを遠隔でPowerONしたくなる時ありませんか?

遠隔という程離れていなくても、パソコンの電源ボタンを押さずにPowerONしたくなる時もあります。


僕の場合、ノートPCを使ってるんですが、普段はこのノートPCにUSBマウス、キーボード、ディスプレイを繋げて、超省スペースPCとして使っています。

それなら、やっぱり液晶は閉じておきたいですね。

そうすると、困ったことが一つ。そう、電源ボタンが押せないんです。

こんな時、電源ボタンを押さずにPCの電源がONできれば便利です。いちいち電源ONの度に液晶を開かなくて済みます^^


実は、ネットワーク越しにPCの電源をONにする方法があります。これをWake On Lan略してWOLと呼びます。


そんな便利なWOLを使う方法を紹介しますね。しかも、iPhoneでノートPCの電源をONしちゃいます^^



必要なものは
 ◎iPhone(iPod TouchでもOKです)
 ◎無線LANルーター
です。

準備として、iPhoneをWiFiで無線LANルーターに繋げておきます。iPhoneからWiFiでインターネットにアクセスできる事を確認しておきましょう。

電源をONしたいPCは有線LANで無線LANルーターに繋げておきます。



次はPC側の設定です。WOLを使うために必要な設定は、大きく分けてこの2つです。
 ◎BIOSの設定
 ◎Windowsの設定(もちろん、Macでもできますが、今回はWindowsで説明しますね)


まず、BIOS/UEFIがWOLに対応している必要があります。
また、対応していてもBIOS/UEFIの設定で無効になっている事があります。

BIOS/UEFIがWOLに対応しているかどうかや、BIOS/UEFIの設定方法は機種によって異なります。


BIOS/UEFIメニューに「WOL」,「Wake On LAN」, 「Power On By PCIE Device」などの表示があれば、そこに設定メニューがあると思います。


ちなみに、僕が使用しているLenovo G570は元からWOLに対応しており、特に設定は必要ありませんでした。



次にWindowsの設定です。

まず、デバイスマネージャーを表示しましょう。

デバイスマネージャーは[スタート] - [コントロールパネル]でコントロールパネルを開いて、[デバイスマネージャー]をクリックすると表示されます。


ここで、有線LANアダプターを選びます。僕のPCの場合は、
Aheros AR8152/8158 PCI-E Fast Ethernet Controller(NDIS 6.20)
という名前でした。

wol01_devman.png



この有線LANアダプターをダブルクリックすると、設定画面が表示されます。ここで、[詳細設定]タブを開いてください。


プロパティから [ウェークアップ機能]を選んで、値を [MagicPacketとPatternMatch]に設定します。

次にプロパティから [シャットダウン ウェークアップ]を選んで、値を [有効化]に設定します。

wol02_wakeup.png





この辺りの表示は機種ごとに違うかもしれません。例えば、[シャットダウン ウェークアップ]は、[電源OFFからのウェークアップ]と表示される機種もあります。



次に、[電源の管理]タブを開いて、下の図の様に設定してください。

wol04_powman.png




設定が終わったら、[OK]を押して閉じてください。


これで、Windows側の設定は終わりです。




次にiPhoneからこのPCを電源ONする設定を行います。

おっと、その前に、、、
 ◎PCのMACアドレスの確認
 ◎iPhoneへのWOLアプリのインストール
が必要でした。



MACアドレスと言うのは、簡単に言うと、ネットワークアダプタ一つ一つに付けられた固有のIDです。

iPhoneから、先ほど設定を行った有線LANアダプタに対して、『起きろーーー』という信号を発信します。それを受信した有線LANアダプタは、『あっ、パソコン起こさなきゃ!』とPCの電源をONにしてくれます。

そして、この『起きろーーー』という信号を発信するのがWOLアプリで、そのアプリにこの有線LANアダプタを指定するための情報がMACアドレスというわけです。



では、MACアドレスの確認方法です。

まず、コマンドプロンプトを開いてください。

コマンドプロンプトの開き方は、

<Windows7の場合>
[スタート] - [すべてのプログラム] - [アクセサリ]の中に[コマンドプロンプト]があります。
この[コマンドプロンプト]を右クリックして、[管理者として実行]をクリックします。

<WindowsXPの場合>
[スタート] - [すべてのプログラム] - [アクセサリ]の中に[コマンドプロンプト]をクリックします。

これで、コマンドプロンプトが開きましたね?



次に、コマンドプロンプトでipconfig /allと打ちます。


そうすると、こんな風に情報が表示されます。

wol05_mac2.png


ここから、先ほどデバイスマネージャーで設定した有線LANアダプタを探します。[説明]と書かれたところ(上の図の青丸部分)に名称が出ているので、これを見て探すといいでしょう。

見つかったら、その下に表示されている[物理アドレス]を控えておきます(上の図の赤丸の部分)。これが先ほど説明したMACアドレスというやつです。上の図で言うと、11-22-33-44-55-66がMACアドレスです。



さぁ、もう一息、次はiPhone側の設定です。

先ほど説明したWOLアプリをインストールしましょう。WOLアプリにはいろいろありますが、RemoteBoot Liteが簡単でおすすめです。

App Store - RemoteBoot Lite



RemotoBoot Liteを起動したら、Nameに適当な名前を入れて、MAC Addressに先ほど控えておいたMACアドレス(物理アドレス)を入力します。MACアドレスは、先頭から2桁ずつ入力していきます。


MACアドレスが11-22-33-44-55-66だとすると、RemoteBootには下の様に入力します。

wol06_iphone.png



やっと準備が終わりました!

PCを休止状態かスタンバイか電源OFFします。

iPhoneでRemoteBootを立ち上げ、[BOOT]ボタンを押します。

PCが立ち上がれば成功です!



WOLとっても便利なので、ぜひ活用してください^^

ここでは、iPhoneで電源ONする方法を書きましたが、もちろん、Androidや別のPCからでも可能です。ここで説明したのと同じ様に設定すればOKですよ。



 



Sponsored Link


 
◆◇◆この記事が役に立ったらポチッとお願いします◆◇◆

 

テーマ : パソコン関連お役立ち情報
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
おすすめ







 



カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。