ブログ移転しました。新しいサイトはこちらです。
http://eng-notebook.com/blog-entry-/http://eng-notebook.com/blog-entry-234/
1秒後に自動的にジャンプします。
  

  


スポンサーサイト


 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Sponsored Link


 
◆◇◆この記事が役に立ったらポチッとお願いします◆◇◆

 

【詳細解説】Bash on Ubuntu on Windowsをインストールする方法


 
 
Bash on Ubuntu on Windowsすごいですね。

今まではどうしてもLinux上でやらないといけない作業はVMware上にLinux環境を作ったりしてました。例えば、Andorid(アプリじゃなくてAndroidそのものね)のビルドとか。

それがBash on Ubuntu on WindowsがあればWindows上でできちゃいます。これは可能性を感じます!

それではインストール方法です。
その前にWindows 10をWindows 10 Anniversary Updateにアップデートしておいてくださいね。

※設定により画面が異なる場合がありますが手順は同じです


Windows Subsystem for Linuxのインストール


まず、Windows Subsystem for Linuxをインストールします。

スタートボタン右クリックかWin+xでメニューを表示し、[プログラムと機能]をクリック

bouow_1.png


[Windowsの機能の有効化または無効化]をクリック

bouow_2.png


[Windows Subsystem for Linux (Beta)]にチェックして[OK]

bouow_3.png


これでWindows Subsystem for Linuxのインストールが始まります。
インストールが完了すると再起動を求められるので再起動します。



開発者モードの有効化


次に開発者モードを有効化します。

Win+Iで設定メニュー(設定アプリ)を表示し、[更新とセキュリティ]をクリックします。

bouow_4-3.png


左のメニューから[開発者向け]を選び、[開発者モード]にチェック

bouow_5.png


開発者モードをオンにしますか?と聞かれるので[はい]をクリック

bouow_6.png


開発者モード用パッケージのインストールが完了したら、
「PCを再起動するまで、一部の機能は動作しない可能性があります。」
と表示されるので、一応再起動しておきます。



bashのセットアップ


次にbashを使えるようにします。

コマンドプロンプトを起動してbashと入力します。
bashの代わりに lxrun /install でもOKです。

そうすると「続行するには、"y"を入力してください:」と表示されるので、yを入力します。

bouow_9.png
※クリックで拡大します


「新しいUNIXユーザ名を入力してください:」と表示されるのでユーザ名を入力します。これはLinuxのユーザ名でWindowsのユーザとは別管理なので、Windowsのユーザと異なっていてもOKです。

bouow_10.png


次に「新しいUNIXパスワードを入力してください:」と表示されるので、パスワードを入力します。

bouow_11.png


パスワードの再入力を求められるので再度パスワードを入力すると、bashが使えるようになります。

bouow_12.png



bashの起動


スタートメニューからBash on Ubuntu on Windowsを実行するとbashが立ち上がります。

bouow_13.png

bouow_14.png


もしくはコマンドプロンプトでbashと入力してもOKです。




Sponsored Link


 
◆◇◆この記事が役に立ったらポチッとお願いします◆◇◆

 

テーマ : Windows
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ







 



カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。